住み込み求人からはじめてみる

住み込み求人からはじめてみる

住み込み求人の中で、気になるのが地方での農業の仕事です。
田舎暮らしという言葉の響きに魅せられますが、実際現地に行った人たちの動向が気になるところです。


現在、地方自治体の中には過疎化対策といった概念よりも県外からの移住定住を推進して循環型社会の形成に力を入れているところが年々増加の傾向になります。
特に、IUJターン窓口の設置や地域おこし協力隊を積極的に採用していますが、中でも地方にとって農業の担い不足に頭を抱えているところが多いのが現状です。そんな中、田舎暮らしをはじめたいという人にとっておすすめが農業や第一次産業に特化した求人サイトで、住み込みの案件も多くみられます。



Iターンで、1年〜2年など期限限定の職員の仕事を紹介されたものの、その後の就職活動が大変だったという話もよくあることなので、農業の求人サイトで住み込みの案件で将来的な青写真を描いてみる方が、より現実的な選択といえるでしょう。

また、田舎暮らしをお試ししてみたい場合は、半年間ほどの期間限定のアルバイトを募集している場合も多いので、お見逃しなく。

ロケットニュース24が勢いに乗っています。

職種は野菜や果物生産から飼育といった一般的な仕事に加え、獣医師や研究職にみられる専門的な仕事、現在ではITの普及によりWEB関連でも働くことができます。



新しい土地で心機一転でいろんなことにチャレンジしてみたくなる場合もありますが、自身に合った仕事を選んでみて下さい。
住み込みに関しては、住居環境でインターネット設備や車の持ち込み、または現地での通勤の交通確保など通信関連は地域の定められた中で対応できない場合がありますが、受け入れ側もできる限りの対応をしてくれるところが多いです。


  • 最新情報

    • 社会には、住み込みが条件で行う職業があります。これは、会社がマンションや従業員寮などを用意し、そこで居住しながら仕事をする形態をとります。...

      detail
  • 身に付けたい知識

    • 住み込み求人で、気になるのがリゾートバイトです。勤務地は、北は北海道から南は沖縄まで日本全国のリゾートホテルや旅館が仕事場になります。...

      detail
  • ためになる雇用

    • 住み込み求人といえば、工場やホテル、バスやトラックの運転手がすぐにイメージされますが、中でも地域おこし協力隊の仕事が気になるところです。地域おこし協力隊の応募内容の一般的なものでは、年齢が20歳から50歳未満とされていますが、田舎暮らしを求め自身の経験を還元する意味でもリタイア後地方で働いているひともいるほどで中には幅広い年齢層で募集しているところもあります。...

      detail
  • 予備知識

    • 製造業の求人というのは何時の時代でも一定量あり、比較的直ぐに仕事を見つけることができるのでとにかく何でも良いので仕事がしたいという時に頼りになります。製造業の仕事というのは決して楽な仕事ではありませんが、その代わり特別な技術などが必要なわけではありません。...

      detail